ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年03月10日

低血糖症の怖さ

甘いものを食べたりコーヒーを飲むと元気が出る、とよく言われます。
砂糖やカフェインには麻薬的ですから、どんどん量が増えて中毒状態になる人も少なくありません。しかし、お酒や薬物と違って砂糖やコーヒーは社会的に問題視されていませんから、中毒だと気付けない場合も多いのです。

砂糖や精白された食品は不純物が少ないために、体内に入ると速やかに吸収されます。その結果体内の糖分が急激に上がり、元気が出たように感じます。
しかし、その糖分値があまりにも急激に上がるために、体は驚いて、急いで血糖値を下げようとして、大量のインスリンを分泌します。その結果今度は急激な血糖値の低下を招いてしまいます。これが「シュガークラッシュ」とも呼ばれる低血糖症です。

具体的にどんな症状が出るかというと。

激しい疲労感、うつ、不眠、不安、いらいら、頭痛、めまい、発汗、震え
心悸亢進、筋肉痛、腰痛、拒食症、食欲不振、無性に泣きたくなる、
理由のない恐怖感、
集中力の低下、感覚麻痺 、慢性消化不良、精神錯乱、手足の冷え、目のかすみ、
筋肉のひきつりやけいれん、破壊的、反社会的行動、落ち着けない、肥満、ふらふらする
腹部のけいれん、失神あるいは意識消失、ひきつけ、自殺傾向、アレルギー、過敏

(頻度が多い順に書いています。)

おかずなしに白米だけを食べた後、甘いものを食べた後などになんだかだるくなることはありませんか?その場合は、低血糖症になっている恐れがあります。

専門医の中には、現代の精神性疾患や、引きこもり、家庭内暴力、凶悪犯罪の原因の中で、少なく見積もっても三割以上がこの低血糖症を原因としていると主張する方もおられます。菓子パンとジュース。ラーメンとスナック菓子、といった食事はとても危ないです。

また、コーヒーを代表するカフェインもまた、切れたときに中毒症状を起こします。ビタミン療法の医者は、抗不安薬を飲む前に、まずコーヒーをやめるようにと提言しています。それだけで服薬が不要になる場合がとても多いそうです。

よく「脳の栄養はブドウ糖だから砂糖は脳の御馳走だ」と言われますが、実際に砂糖を摂取してもその中で実際にブドウ糖として脳の栄養になるのはほんの一部です。むしろ先に述べたようなシュガークラッシュの危険の方が大きくメリットはありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

先に書いたような症状が出てきたときは、甘いものやチョコレート、コーヒーの代わりに
バナナを食べてみてください。
白砂糖と違ってゆっくり吸収されて、ゆっくり血糖値を上げてくれます。
バナナを食べてみて15分くらいで上記の症状が嘘のように解消される部分があれば、
それは低血糖症である可能性が高いと言えます。

長期的には、甘いものを(特に空腹時に)たくさんとることを避ける。
精白されていない穀類や砂糖を使う。(三温糖は、白砂糖をカラメルで着色しただけのものが多いので
お勧めできません。)
白米や白砂糖、精白されていない小麦粉製品などを食べる時は、なるべく繊維もののおかずなどと一緒に摂る。
といった注意が必要になってきます。
ジャンクフード、お酒、カフェインは、大切な栄養やミネラルを破壊して、不快な症状を大いに助長します。
そして、普段の食事を、時間、量、内容ともにバランスのよいものにしていくことが重要になってきます。


わたしは日常的にアダルトチルドレンの方々の回復のサポートをしていますが
ACの回復は一大作業です。
精神的な努力だけでのりこえるのは大変ですし、食事や生活面でその足を引っ張ってはもっと苦しまねばなりません。
時には、休むことも逃げることもあっていい。でも、少しずつでいいですから食事や生活を整えて当たることで、
少しでも不要なお苦しみを避けていただければと願っています。

この記事は、服薬を否定するものではありません。
ただ、服薬しないでも済むのならばそれ越したことはありません。
また、「服薬してさえいればいい」というのではなく、積極的に悪い影響を排除することで、
更に回復を早めることができるのです。




わからないところや質問、ご相談はお気軽にメールをくださいませ。
できる限りお答えさせていただきます。


桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535


続きを読まれるには、こちらが便利です。^^


お気に召しましたら、応援よろしくお願いします。^^
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
さくらみるくさん、こんにちは!
コーヒーとバナナを食べながら拝見していて、なるほどなるほど、と両者を見つめました(笑)
季節の変わり目とともに最近私を襲っていたうつ的症状は、ミネラル不足だったのかもしれません!
今一度、生活全般を見直してみたいです。
すごくためになる記事が満載で、ありがたいです!
またお邪魔します(^^)/
Posted by みかっち at 2009年03月11日 10:33
みかっちさま。

いらっしゃいませ。ありがとうございます。

「コーヒーとバナナを食べながら拝見していて...」ですか!
それはまた、なんという奇遇な。。。


低血糖症は、昔に比べればだいぶ広く知られるようになって来ましたがまだまだです。
低血糖症を精神病と誤診されて大量に薬を投与され、十数年にわたり廃人のような寝たきりの生活をしていた人が、食事を改善して低血糖症を克服したら三ヶ月でけろりと回復したというような笑えない話もあるのです。

心と体が無関係だとまで思う人は少ないでしょうが、食事がここまで心身に影響していると知っている人はまだまだ少ないですね。

便利な世の中になった代わりに、腐らない栄養の無い食べ物、栄養をむしろ壊す食べ物が溢れる時代になってしまいました。賢い付き合いが必要ですね。

ぜひまたいらしてくださいませ。
ありがとうございました。


Posted by さくらみるく at 2009年03月11日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115443176
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

抗不安薬よりもカフェイン断ちを。。。
Excerpt: 低血糖症と関係の深いカフェインの問題について。 「抗不安薬よりもカフェイン断ちを。。。」
Weblog: 桜 実花の 『さくらみるく通信』
Tracked: 2009-03-11 14:22