ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年03月18日

飛翔する力への信頼と希望

豊か過ぎると、工夫をしなくなるのかもしれません。 貧しければいいというものではありません。上を見ても下を見てもきりがない。どこを基準にものを言うのが正しいのか、たったひとつの正しい答えがあるというわけでもありませんね。

でも、豊かさの中で人の心が豊かになり、能力が発揮されるならばそれは素晴らしいことですが、逆であってはあまりにも悲しい。貧しい時は豊かさこそがすべての答えであるかのように感じるものですが、では豊かになってしまったあとはどこに答えを見出せばよいのでしょう。もう一度貧しくなったらよいかというと、そんな単純な話でもなさそうですし。。。。

昔、こんな話を聞いたことがあります。

戦時中どこやらの収容所で、日本人の捕虜たちが働かされていた時のことです。作業を命じられた捕虜たちが「道具が無いからできない」と言い立てました。釘が無かったのです。それを聞いた上司が「どのくらいの太さ、長さの釘が何本いるのか。」と訊ねます。そしてその上司は廃材の中から針金を探して拾ってきて、ぱつぱつぱつとリクエストされた釘の長さに切り、一本ずつ万力で挟んで片端を叩いて潰し、片端は(グラインダーというのでしょうか?)機械にかけて削って尖らせて、あっという間に希望の釘を作り出してしまったと言います。

「無」から「有」を作り出す知恵。諦めてしまわない精神力。文句を言わず自分で責任を負う心。人間が生き抜いていくためのたくさんの教えがこの話の中には詰まっているような気がします。

生まれた時からオートメーションの時代に生きているわが子らに、このような創造性を、心を、どうやって教えたらよいのでしょう。親であるわたし自身が豊かさになれてしまい、生きる知恵も力も眠らせてしまっているのに。。。

答えは「信頼」「希望」ではないかと感じます。
そのような力も知恵も、「無い」のではなく「眠っている」のだと。
眠っていれば起こせばいい。そして人の可能性とは無限なのだと信じること。希望すること。 座り込んで心配したり不安がっている暇があったら、今すぐにできることをして心を磨けばいいのですね。




新しい世界に出て行こうとしている自分を思うと、パラグライダーか何かの初心者のように思えます。

不釣合いな大きな翼をつけてよたよたと走っている。

あまりにも不釣合いな大きさに思えても
それを身につけられるだけの筋力が、いつのまにか整ってきている。
いつの間にか、既に装着してしまっている。
そして、あろうことか、良い風がどんどんと吹いてきている。
試しに走り出してみたら、体が信じられないほど軽く、
軽く踏み切れば既に身体は中に浮いている。

しかし、踏み切る勇気は無い。。。。

飛び出そうとしている崖は、あまりにも高いから。。。

いつかは飛び出さねばならない。
いつかは踏み切らねばならない。
いつかは、いつかは。。。と思いながらGoサインが出るときを待ち
はやる心を抑え、じっと力を蓄え。。。


風は絶えることなく吹き続けてきている。
新しい世界からのいざないの風。
飛翔を促す風。


ふと見ると、足元の地面が残り少なくなっている。
踏み切るまで、助走に足りるかどうかもわからないくらいに。。。
もはや決断するしかない。
見上げると、信号がいつの間にかGoサインを出している。

今こそ踏み切る時。。。



自分の状態に心を澄ませると、ちょうどこんなイメージが鮮やかに浮かびます。

実際の状況であれば、ここまできたら踏み切るにはもう数秒しか残っていないことでしょうね。

ちょど、その数秒前のところに自分が立っています。

潜在意識のイメージが自分を裏切ったことは一度もありません。
こんな不確かな方法で未来を決めるのかと呆れられるかもしれない。
けれど信じて、踏み切る時がきたとの確信がようやく訪れました。

踏み切って、数秒後には崖の上から飛び立つでしょう。
(実生活では、その数秒が何日、何ヶ月になるかはわかりませんが。。。)
何をするか具体的なことは、そのあとで決めます。
大事なことは、自分の我と欲で決めた踏切りではないのだということ
生かされ、飛ぶようにと風を与えられ翼を与えられているということ。
ここだけ間違えなければ、この確信は自分を裏切らないように思えるのです。

無から有を生み出す知恵と力。
それが自らの内にあるという信頼と希望。
自分を生かそう、飛ばそうとしてくださっている大きな力と、与えられている使命に対する信頼。。。

毎日、一瞬ごとにそれらを抱きしめ、確認し、祈りをささげながら
この「飛翔数秒前」の緊張の時に臨みます。。。


書きながら気が付ました。
インドに飛んだ彼女と、自分の決心がシンクロしているなと。。。
彼女の勇気が、わたしにも決断を促したのかもしれません。
心から感謝です。。。



桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535



続きを読まれるには、こちらが便利です。^^


お気に召しましたら、応援よろしくお願いします。^^
人気ブログランキングへ
posted by 桜 美穂 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック