ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年04月07日

出て行くことと、つなぐこと。

ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。
音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。



ずっと、強くなろうとしてきました。
自分は、昔の自分ではないと、自分にも周囲にも証明しようとしていたのでしょう。

そして、強くなりました。
いろんな成果も出しましたし、尊敬もされました。
とても頑張ったのです。

でも、自分と向き合うようになり、ある時気付きました。
マイミクのchunsanさんからEFTのセッションを受けてからです。

わたしの努力は、自己否定から始まっていました。
だから、頑張れば頑張るほど苦しくなったのです。
いくら成果を出していても、努力すればするほど、すべての努力が結局は自分を否定することでしかなかったのです。

そう気付いたから、わたしは、自分を受け入れることを始めました。
力が抜けてきて、いろんなものが見えるようになって来ました。
すると、不思議なことが起こりました。

自分が、「わたしはもう、昔の自分じゃない。」と思いたがっていた頃の自分に、どんどん戻っていくのです。
心が傷つかないように、身に着けていた仮面や鎧がはずれていくに従って、わたしはどんどん弱くなっていきました。
今の自分は、心を最初に閉じた小学生の頃の自分に戻ってきているのです。

それが、本当の自分の姿だったのかもしれません。
そこで止まってしまっているものがあるのなら、そこからやり直さなければならないのかもしれません。
それが、本当の歩みであり、本当の成長なのかもしれません。

家族に対するデトックスが、ほとんど終わりかけている今
外の世界と断絶した閉ざされた世界の中で、家族のもめごとも、姉の精神疾患も隠し続けていた、その世界に居た自分が
どうやって、外の世界とのつながりを、取りもどしていくかという問題に、今自分は直面しているように思います。

わたしも大人ですからね、たいていの人とは普通にお話もできますし、
お付き合いしていくことはできる。友達もいる。
でも、心の中では、幼い頃に暮らしていた、外と断絶された世界の中に今も住んでいたのだと、気付きました。
そこから、出て行く時が、今来ているのだと思います。


ACの特徴のひとつに、家族で秘密を共有している、口に出してはいけないタブーを共有している、というものがあります。
最初は気付きませんでしたが、自分の家庭にもそれがあったことに気付きました。

自分を開示しようとしても、出て行こうとしても、引き戻されるすさまじい闇が自分を縛っていた。。。
その闇のすべてはまだ、思い出せませんが、ここまで気付けたということはよい兆しです。
出てくるものは、癒されたくて、癒されようとして出てくるのですから、今こそがチャンスなのだと思います。

今こそが、外の世界とのつながりを取り戻す時。
秘密という家族の縛りを解いて、外の世界に出て行くとき。
そして、わたしが「出て行く」ことで、「閉ざされていた家族を外の世界とつなぐ」時。。。


矢野先生の家族ワークがどこまで影響を及ぼしていくのか、驚きますが、癒しとはそれ自体が生きものであるのかもしれないと感じます。
始まったが最後、癒しそれ自体が生きて動いて、発展して、闇に閉ざされていたものを、光の下に引きずり出し続けているように感じるのです。
時が熟していたから、一度に変化が来ているのかも知れませんけどね。^^


わたしは、小学校での記憶も、ほとんどありません。
でも、大人になってから何人かの同級生が「いじめて悪かった」と泣いて謝ってきましたから、そういうこともあったのかもしれません。
ただ、記憶として残っているのは、他人や外界に対するいたたまれなさや痛み、不安や怖さ、というもので。。
それらの感情を今再体験している自分を、現在形で癒すことで、過去も癒されるのではないかと感じています。

フラッシュバックと共に襲ってくる「家から受ける痛み」と、「外で受ける痛み」と、両方をしっかり受け止めて浄化していく作業は苦しくて、まだ寝込みかけることもありますが、先の見えない痛みではありません。癒しに至る、幸いな幸いな痛みです。

昔とは違う。
目を閉じて心を澄ませたら、たくさんの人の愛があることがわかります。
自分が苦手だと思っている人すらも、大切な自分の一部であること。
すべての人が、潜在意識のような深い領域では本当はつながっていて、人は決してひとりにはならない存在であることもわかりました。
必ず、必ず、乗り越えられると思います。
きちんと自分の中を大掃除して、思い残すことなく夢に向かい、自己実現していきたいと思います。


今年の初めに、「どれだけお金がかかろうが、どれだけ時間をかけようが、必ず今年中に癒しを得る」と決めていました。


今年も後残り少しです。

滑り込みセーフで、間に合うかどうか。。。^^






オードリー・ヘップバーンが愛したという、美しい詩に出会いました。




〜 時を超えた美しさの秘密 〜


 魅力的な唇のためには 優しい言葉を紡ぐこと
 愛らしい瞳のためには 人々の素晴らしさを見つけること


 スリムな体のためには 飢えた人々と食べ物を分かち合うこと
 豊かな髪のためには 一日一度子供の指で梳いてもらうこと


 美しい身のこなしのためには
 決して一人で歩むことがないと知ること


 人は物よりもはるかに多く回復し、復活し、
 生きかえり、再生し、報われることが必要なのです
 くり返し くり返し 報われることが 。

 決して何人たりとも見捨ててはなりません

 助けてくれる手が必要なとき、
 自分の腕の先にその手があることを思い出して

 年をとると人は自分に二つの手が あることに気がつきます

 一つの手は自分自身を助けるために
 もう一つの手は他者を助けるために



2008年12月07日のmixi日記より。





ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
できる限りお答えさせていただきます。



桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535



続きを読まれるには、こちらが便利です。^^


お気に召しましたら、応援よろしくお願いします。^^
人気ブログランキングへ

posted by 桜 美穂 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック