ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年11月17日

身心を研ぎ澄ますデトックス。奇跡の7号食。

7号食という食養生の方法があります。
これは、マクロビオティックに基づく方法であり、ちなみに8号食は断食になります。6号食は7号食にお味噌汁が付きます。5号食はおかずが一つ付き、4号食では二つ付きます。3号食ではおかずが三つになり、これはマクロビオティックの考え方では「食べすぎ」となります。十日間の7号食の後では、いきなりもとの食事に戻すのではなく、ゆっくりと号数を落としていく回復期の方が実は本番の十日間以上に大事です。

さて、7号食とは、玄米と雑穀を半々で炊いたものだけで十日間を過ごすというものです。具体的な方法については、いくつかの細かい違いはありますが、先にご紹介した神戸の有名な食養家富田哲秀先生が勧めておられる方法は、甘酒を組み合わせた食べ放題の方法です。

7号食を十日間続けた人は、例外なく肌がきれいになり、平均で4キロ、太りすぎの方で6キロ程度体重が落ちています。薬で治らなかった高血圧は100%正常値に戻ります。不眠、いらいら、湿疹、といった症状から先に消失し、多くの健康上の問題が、心身ともに快方に向かいます。

血液がきれいになり、五感、特に舌や消化器官の神経が敏感になるために、7号食の十日間が終わった後はそれまで当たり前に食べていた肉や加工食品が、気持ち悪くて食べられなくなったりします。人間に本来備わっていた、健康に良いものを本能的に選び取る機能が、再び鋭敏に活動し始めるのだといえるでしょう。

そのように全身の神経が研ぎ澄まされた状態になるということは、つまりは、神経の塊である脳が研ぎ澄まされるということです。だから富田哲秀先生は、「人生の上で何か大事な判断が必要になる前は、ぜひ7号食を」、と勧められるのです。

そして、体に現れるこうした変化も好ましい結果なのですが、それはあくまで結果として表われること。それ以上に富田哲秀先生が7号食の本当の目的とされるのは、食べ物にコントロールされていた生活を、完全に自分の意志の管理下に置くことで、「人生そのものを自分の意志でコントロールできるのだ」という自信をつけることです。食べ物という生活に大きな影響のある領域で、自分が食べ物から自由になれたという経験は、その他の人生の領域でも、いろんな支配や制限から自由になれる突破口にできるのです。

末期の癌などの重い生活習慣病の症状がある人も、この十日間の養生を何度も繰り返すことで、完治した例が数多くあるそうです。十日間だけでも、あらゆる身心の病気は快方に向かうそうですが、身心の状態が良くなるだけではない。他力本願ではない自分で治そうという強い気持ちが、この十日間で養われるのだ、ということもあるのでしょう。


富田先生の提唱される7号食の方法を説明します。
7号食専用の有機栽培の雑穀が15種類ブレンドされた「十五種雑穀」と、まだ未熟な状態で収穫されたやわらかな食べやすい「みどりのお米」というものがあります。これを半々で炊飯し、ごま塩で食べます。

未精白ですから、よくよく噛む必要があります。噛むという本来備わっていた機能が目覚めることで満腹信号がきっちり出るようになり、また噛む動作により、脳をマッサージして血行を良くする効果もあります。
そして、よく噛む、という注意さえ守れば1日5食食べても構いませんし、食べる量も食べたいだけいくらでも食べられます。食べ放題なのに体重が減るのです。

もちろん慢性的な疾患をお持ちである方や、体質的に不安である方は
独学ではなく、必ず専門の指導者の指導の下で行なわれてください。


091107_1337~01.jpg          091107_1337~02.jpg     


十五種雑穀」です。五色の上等の玉砂利のようにきれいです。


091107_1339~01001.jpg


みどりのお米」です。写真のお米は、脱穀の時に弾き飛ばされた等級の低いものです。
本来の「みどりのお米」の半額になっていたので、こちらを使いました。^^
粒が細かいですが、味、品質は変わりません。
面白いことに、害のない草の種までが一緒に混ざりこんでいるので、これも玄米と銘打たれていますが雑穀ブレンドのような、野趣溢れる生き生きしたお米になっています。噛むとぷちぷちして楽しいです。

米は長く人の生活と共に在り品種改良などを経てきていますが、雑穀は古代からの荒々しい生命力をそのままに保っています。この雑穀を玄米と共に食べることで、よりおいしく、お互いの栄養が引き立てあって、より野生的なパワーを効果的に取り込むことができます。普通雑穀はおいしくないものなのですが、この「十五種雑穀」は、古代米も含まれていて栽培方法も良く、非常に甘みのあるもっちりとしたものになっています。

さて、この7号食を行なうに当たっては、ゴマや梅干、品質の良い糠漬けなども食べられます。しかし、多くの人が躓くのが「甘いものを食べたい」という欲求です。
これも、富田先生の方法ではカバーされています。
次回は、そのことについてお話します。






ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
できる限りお答えさせていただきます。



☆在宅でひとりで取り組める、待望のアダルトチルドレン回復のためのワークができました!AC治療第一人者、西尾和美先生の製作です。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
[参考] こちらもあわせてお読みください。^^
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット』を、買わないほうが良いかもしれない場合について。
 http://sakuramiruku.seesaa.net/article/129005694.html



桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535


☆いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

☆続きを読まれるには、こちら↓が便利です。^^☆


☆お気に召しましたら、応援クリック↓よろしくお願いします。^^☆
人気ブログランキングへ


☆☆☆☆☆あなたの応援が力です。よろしくお願いいたします。☆☆☆☆☆

この記事へのコメント
最近、富田先生のブログも拝見させて頂いてます(^-^)

先日お話をコミュニティーなどで、さくらみるくさんから伺ってから、だいぶ気になって玄米やらマクロビオティックについてネットで検索していました(^_^;)

これからの体験談などのお話など楽しみにしてます。

最近少しずつマクロ〜食を体験してみようと、手始めに玄米を少量ですが購入しました。普通のお米と混ぜて食べてみようと思っています。

健康的な痩せ方…すごーく理想です。
Posted by ●〇yumi●〇 at 2009年11月17日 00:03
10日間試してみたいです
Posted by いちごみるく at 2009年11月17日 00:04
●〇yumi●〇さん。

大変お待たせしました。ようやく連載の開始です。
今後にご期待くださいませ。^^

さて、既に玄米を召し上がっておられるとのこと、フットワークの軽さが素晴らしいですね。^^

しかし、玄米は食べ方に注意しないと、かえって危険になることがあります。

まず第一に、玄米は噛まなければなりません。一口100回程度は噛む必要があります。白米とそのまま炊いてしまわれると、白米と同じ数十回程度の咀嚼で飲み込んでしまいます。短期は問題ありませんが、長く続けられると消化器官や内臓に負担をかける恐れがありますので、ご注意ください。

この問題を解決するには、幾つか方法があります。
まず、玄米を洗った後、玄米のみでも白米と一緒でもいいですから、一晩浸水してください。そうすると玄米は発芽モードになって非常に消化されやすくなります。

もう一つは、玄米をフライパンなどで乾煎りすることです。小麦色になって香ばしいおいしそうな匂いがしてくるまで炒ります。その後、普通に水加減した白米に、炊飯直前に混ぜ込んで少し塩味をつけて炊くと、とても香ばしいおいしいご飯になります。

最初から発芽モードで販売されている玄米もあったと思います。


そして、もう一つの問題は有機栽培であるかどうか、ということです。
というのも、農薬や化学肥料などの有害物質は、お米の正に糠と胚芽の部分に濃く残留するのです。なので、特に病気の治療のために玄米や雑穀を召し上がろうとする場合は特にですが、有機でないと、白米を食べるよりも多くの有害物質を摂取してしまうことになります。
これも、短期ならば問題ありませんが、長期にわたり召し上がる場合は問題になりますので、ご注意ください。

もっと手軽に玄米を安全に食べるためには、リブレフラワーやブラックジンガーなどの健康食品を生活に取り入れる、という方法もありますが、これで量を食べて7号食のような効果を得ようとすると、とても高くついてしまうでしょう。7号食などの特別な期間でない普通の食生活に摂り入れるにはとても良い製品なのは間違いないのですが。。
Posted by さくらみるく at 2009年11月17日 00:17
> さくらみるくさん

なるほど〜(o^∀^o)
解説ありがとうございます☆今回は発芽玄米で試して見ます。

そして、7号食、是非一度試してみたいと思っています。その際はさくらみるくさんにお願いする形がよいのでしょうか??(今試されてる段階だと思いますので、まだ気長にお待ちしていますのでご安心ください〜☆)

旦那にも気が早いですがやりたい!と言ったら一応OK頂きました(o^∀^o)

多分、自己流のマクロビオティックでは続かない予感がします(^_^;)

自分の体が精神的にだけでなく体内浄化されるなんて♪バカなダイエットやリバウンドを散々過去にやっているので(^_^;)今からワクワクしています。
Posted by ●〇yumi●〇 at 2009年11月17日 09:31
●〇yumi●〇さん。

コメントのコメントを、ありがとうございます。^^
体験記を全部ご覧になられた上で、またご検討くださいね。
そして、わたしもいずれは勉強会に出て、7号食の指導家免許を取りたいと思っていますが、現在はまだ指導できる立場にありません。
なので、早期にご希望であれば、富田先生の事務所にお問い合わせくださいませ。
簡単な資料を、今日明日中にでもメール便でお送りしますね。
よろしくお願いいたします。
Posted by さくらみるく at 2009年11月17日 09:31
> さくらみるくさん

有難うございます♪
富田先生に直接お願いするのはちょっとドキドキしそうですが…。

早くやりたい気持ちが止められないor万が一早々とリバウンドした場合(泣)は直接富田先生のご連絡先に連絡しますね。その際は一報お入れしますね(^^)

今はさくらみるくさんのご報告と資料待ちながら、運動中心にある程度体重落とそうと思います。
ご指導下さるようになった暁には是非お声かけて下さい♪
Posted by ●〇yumi●〇 at 2009年11月18日 11:03
●〇yumi●〇さん。

お勧めしておいてなんですが。。。

ホームページは、なんだかアヤシイです。
あれは、イメージダウンにつながりかねません。。。
富田先生、センス悪すぎ。。。

どうぞ、ブログの方をご覧ください。^^
ありがとうございました。
Posted by さくらみるく at 2009年11月18日 11:03
さくらみるくさんのブログを読んでました。オルターに入っていたのですね。ちなみに私もはいっています。すごい!ちょっとびっくり!で、うれしいですねオルターは、あんまり入っている人がいないのですごく良いところなんで、どんどん発展してほしいです。さて質問ですが、私もその七号ダイエットをしてみたいです。お米はどこでかえるのでしょうか?また本とかでていますか?
Posted by みっちゃん at 2009年11月18日 11:52
みっちゃん。

お問い合わせありがとうございます。
ご本ありますよ。^^ 注文先も一緒に、ミクシィ日記でも体験談と共にアップしましたし、ブログではこちらにアップしました。
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/133235477.html

まずは事務所にパンフレットなどを請求されるのが良いかと思います。

ただ、先生のブログは本当に良いのですが、ホームページははっきり言ってアヤシイです。あれはいけません。先生のイメージダウンになる

恐らく7号食自体はマクロビオティックの専門書で詳しく調べられると思うのですが、わたしは富田先生の甘酒との混合7号食が最高だと思いますし、他に信用できる指導者さんを存じませんので、ちょっと他にご紹介できる方がいらっしゃいません。

また、来月食養を指導できる資格も取るつもりですので、こちらでもっとご相談を承れるようになればと願っています。

オルターの会員さんならば話は早いですね。わたしのマイミクさんでオルター会員さんはみっちゃんで三人目です。オルターの普及率は人口の2%というわけでしょうか?嬉しいです。オルターは野火のような勢いで伸びていますね。関東にも進出しています。時代の追い風を受けているのでしょうね。代表のご夫婦がワンマンで跡継ぎが育つかどうかがとても心配なのですが、そのくらいのパワーがなければあれほどのお働きはできないのかもしれませんね。

オルターではご存知の通り玄米食の危険についても早い時期から警鐘を鳴らしてくれていましたよね。そのことについて富田先生にご質問したのです。なんとお答えになるかと興味しんしんで。^^そしたら、オルターの代表とは少し違うお答えを、とても深い人生を絡めたお言葉で教えてくださいましたよ。

噛めないものを噛めないからと、それで諦めてしまっていいのか、という話なんですよ。体にいいとわかっているけれど現代人は噛めないから内臓に悪い。だから諦める。そうじゃない。消化が悪いならなんとか消化をよくしてやろう。なんとか噛み砕いてやろうという主体的な姿勢こそが大事なんです。加工された玄米(ブラックジンガーなど)でもいい。けれど最初から困難から逃げていては人は成長しないんです。人間関係でもなんでも一緒で、相手が悪いと弾き飛ばすのではない。なんとかこちらの努力でわかろう、受け入れよう、取り込もうという努力をする生き方がすべてを決めていくんです。
玄米は確かに諸刃の剣です。酸素だってそうだよね。酸素なくしては一瞬たりとも生きていけないけれど、その片方では体を酸化させる毒にもなる。すべてのものは諸刃の剣なんです。だからといって諦めていたら何も始まらない。消化の話と同じで、こちらの努力で体に良いようにしていかないとね。^^


素敵な先生です。うっとり♪です。
Posted by さくらみるく at 2009年11月18日 11:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック