ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年11月18日

身心を研ぎ澄ますデトックス。奇跡の7号食。〜体験談〜

さて、二回にわたり、東洋医学を基にした食養家、富田哲秀先生お勧めの7号食について書いてきました。

091107_1344~01001.jpg

更に詳しいことを知りたい方は、

セラフィック春貴」 078−334−0624  fax 078-334-0625 まで。
住所 650-0021 神戸市中央区三宮町3−9−19 春貴ビル2F
HP http://www.inyan.net/

までお問い合わせください。7号食の材料や各種健康に役立つ商品多種。
『食養学入門編』525円 『食養学入門 初級編』1260円
は、テキストとしてお勧めです。

しかし事務所のホームページは。。。。

お勧めしておいて、ご紹介しておいてなんですが、今見に行ってきたら、これはちょっと、イメージダウンにつながりかねない。
なんだか怪しいです。
富田先生、センス悪すぎ。。。たらーっ(汗)


富田先生のブログはお勧めです。面白いです。
「あすなろ日記〜変才先生の徒然日記。先生の頭の中をちょっと覗いてみましょう。」
http://inyan.seesaa.net/



体験談を、おつけしておきましょうかね。^^

わたしは、甘酒のみで3日間を過ごして、現在玄米プラス雑穀ご飯に入ったところです。最初の二日は全く苦になりませんでした。とはいえ甘酒はやはり腹持ちが良いとはいえ消化が早いですから、最初から指定されていた1日1500ccは飲みきるつもりでかからないと、うっかり飲み忘れて仕事に没頭してしまうと、血糖値を下げてしまったりもしました。三食の食事時間に拘らずに、ちょくちょく飲んだほうが安全です。

あと、良いお水は甘酒と別に、飲み続けました。カフェイン、アルコール、甘いものは特に欲しくはなりませんでした。やはり最初に富田哲秀先生のご講演を聞いていたのが良かったのだと思います。自分の決意だけでは、ここまでの決意はできなかったと思う。

さて、3日目からちょっと疲れやすくなりました。4日目は特に辛かったです。食べ放題なのでお腹は空かないのですが、頭がふらついたり体が動かなかったりと、不安がよぎりました。
断食の一歩手前の食養上ですから、いくら食べ放題とはいえ体を一種の極限状態に置くことには変わりがなく、体内で脂肪など、要らないものを燃焼させる必要があります。体が非常事態に感づいて、いままでうとうとと眠っていたような状態からぱっちりと目覚めて、生命維持のために活発に働き出す、その力を捉えて生命活動を活性化させることが目的の食養上です。いままで不健康な生活をしていた人ほど、やはりその分苦しい思いをする一面は、ある程度は避けられないようです。

とはいえ、やたらと疲れて、ネガティブな思いに囚われてしまうので、再度テキストを読んでみたところ、大事な注意点を読み落としていたことに気が付きました。
ひとつは、「毎日最低40分以上歩くこと」。代謝を上げるのでしょうね。そしてもうひとつは、「十分な睡眠時間を確保すること」。これができていなかった。
歩けなかったのは仕方ないのです。まだインフルエンザの後遺症が残っているうちに始めたから。しかし睡眠時間は明らかに足りていなかった。これが異様な疲労感の原因か、と思い、5日目の午前中ぐうぐうと不貞寝しまして。。。 すると、それが良かったのか非常にすっきりとしました。以来、非常に快適です。
そういえば5日目の朝、それまで寝起きが悪かったのに、やたらとすっきり目覚めるな、という変化は感じたのですが、この5日目がブレイクスルーになったような気がします。

体重の方は、残念ながらわが家には体重計がないのでわからないのですが、最初の3日で顔がすっきりした気がします。4日目はいちばん辛かったのでやつれていました。^^;
しかし5日目からは体が軽くて、まるで空気中に漂う羽毛になったような自由さを感じています。朝もすっきり起きられるし、体がやたら軽くて疲れないので、今までやる気にならなかった仕事にも、頑張らなくても自然に、少しずつ取り組めます。走り過ぎないように楽しみながら少しずつ取り組んでいます。^^
自分自身や周囲への理解も、新しい次元が開けた感じで、これからまだまだ変化がありそうで楽しみです。

そして、感覚が鋭敏になってきましたね。仕事帰りに、見慣れた夜景がまるで宝石箱をひっくり返したみたいに美しく見え驚きました。何もかもが初めて見るように生き生きと見えます。同時にずっと平気だった通勤道の排ガスがたまらなくて気分が悪くなりました。明日からはマスクが要ります。(しかし、サングラスとマスクで通勤していると怪しい気がしますが。。^^;)

あと、食べ放題ではありますが、だからといって食べ過ぎるとやはりよくありません。特に、運動して代謝を上げられないならば余計に気をつけないと、養生のつもりが負担になってしまうことも考えられます。
食べ過ぎに「よく噛まない」ことが加わると悲惨なことにもなりかねません。必ずよく噛んで(一口100回程度目安)食べることを忘れないでくださいね。

家族の中でひとりだけ違う食事をするわけですから、最初はちょっと気兼ねしましたが、「なんとしてでも健康になりたい。お父さんのためにも。」ときちんと説明して、主人も理解してくれました。
「今日は仕事休みだな?よし、今日は寝ろ寝ろ。好きなだけ寝ろ。」と言ってくれて出勤しました。
早く生活リズムを整えて、十分眠れる生活を作らねばなりません。
また、十日間が終了した時点で、体験談を出しますね。^^


ありがとうございました。







ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
できる限りお答えさせていただきます。



☆在宅でひとりで取り組める、待望のアダルトチルドレン回復のためのワークができました!AC治療第一人者、西尾和美先生の製作です。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
[参考] こちらもあわせてお読みください。^^
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット』を、買わないほうが良いかもしれない場合について。
 http://sakuramiruku.seesaa.net/article/129005694.html



桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535


☆いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

☆続きを読まれるには、こちら↓が便利です。^^☆


☆お気に召しましたら、応援クリック↓よろしくお願いします。^^☆
人気ブログランキングへ


☆☆☆☆☆あなたの応援が力です。よろしくお願いいたします。☆☆☆☆☆

この記事へのコメント
甘酒……がネックですね。さすがに母乳育児育児中は無理ですね(^_^;)
いつかやってみたいものです。
情報、ありがとうございました。
Posted by ぶん at 2009年11月18日 10:44
> ぶんさん

あ、大丈夫ですよ(^O^)

煮立てますし、最初からノンアルコールですから。

市販のものは酒粕を緩めて作っているものがほとんどですから、きっとそのイメージがお強いのでしょう(^O^)

十日間の強硬スケジュールではなく、もっとゆるやかな方法もありますから、またいつでもご相談ください。

来月指導士の資格とりますので(o~-')b
Posted by さくらみるく at 2009年11月18日 10:44
こんばんはー

エット・・・、BL研究所のHPは・・・

気に入っているんだけどねー ^^;

ガラの悪い猫ちゃん達の表情がキュートでしょう。

しかも
「わたしの愛唱歌」をクリックすると
わたしの歌声まで聞こえてくるのですよ!

但し

夜間にこれをクリックすると
大変気色が悪くなるそうです・・・ ><
Posted by 変才 at 2009年11月19日 01:09
まあ、先生。^^

先生のお歌を拝聴できるのですか♪
それはぜひ、伺いたいものです♪

(気色悪いというのが、ちょっと気になりますが。。。) 

そういえば、事務所にもピアノや各種譜面がありましたね。音楽もなさるのですか。ぜひご一緒させてくださいませ。
もうピアノは忘れて弾けないと思いますが、歌は大好きです。

わたしは富田先生と実際にお会いしているから、ホームページも「ああ、おふざけだな。おちゃめだな。^^」で済みますが、先生をご存じない方がご覧になるとあれは驚かれますよ。「こりゃ、なんじゃ」となりますよ。ちなみに娘は、怖がって青ざめました。^^;

まだまだ修行が足りませんでしょーか。

お運びくださり、ありがとうございました。
Posted by さくらみるく at 2009年11月20日 08:13
そうですか、蒼ざめましたか^^

ちなみにあの猫ちゃんたちにはちゃんと役職がるのですよ。

2番の猫が組長で、10ばんが組長の最愛の娘で現在女子高生です。

6番が若頭で次の組長を狙って、娘にプロポーズしていますが嫌われています。

人相が悪すぎですからね。

9番は敵対している組からのスパイです。
それっぽいでしょう?

まだmだありますが、想像してください。
Posted by 変才 at 2009年11月20日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133235477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック