ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2009年11月25日

さくらみるくの7号食体験記。マクロビックデトックス&ダイエット。

マクロビオティック7号食について以前から連載で書いてきましたが、ここでさくらみるくの体験を纏めてお知らせしておこうと思います。

日記を読まれた方々から、思いのほかたくさんの反響をいただきました。
触発されて既に、指導もとの富田哲秀先生のもとをお訪ねになられた方、ナイスファイトです。見事なフットワークの軽さです
「今から行きます」と仰る方、「遠方のため、さくらみるくさんが指導できる資格を取られるの待って、さくらみるくさんの指導で行ないます」と言われる方、皆さん素敵です。一緒に綺麗に、健康になりましょう


皆さまから多数お問い合わせをいただきながら、時間が取れずに大変お待たせいたしました。ようやくご報告できる時間が取れました。

7号食とは何だ?」と思われた方は、このブログの
http://sakuramiruku.seesaa.net/category/6245288-1.html
を、ご覧ください。
「心の癒しに体からできるアプローチ」カテゴリの記事の一覧が表示されます。ずーっと下まで画面をスクロールしていただくと、
「ダイエットとデトックスで心身ともに健康に生まれ変わる。」(2009年11月07日)という記事が出てきます。
この記事以降にて、7号食の説明をしていますので、よろしかったらぜひお読みくださいね 


さて、7号食前半の感想は既にアップしていますが、書いていきますね。

最初の3日を玄米甘酒とそれに入れる生姜で過ごしました。そして4日目からは玄米と雑穀(富田哲秀先生お勧めの「みどりのお米」と十五種雑穀ブレンド)とを半々にして炊いたものに、酸化還元作用の強いピンクソルトという良いお塩を少々、ゴマと共にかけて食べ放題に食べました。

最初の3日で余計なものが削ぎ落とされ、しかも非常に滋養のある、栄養剤並みの甘酒なので、生命力が充填されていくような、体が芯から整えられる感覚がありました。4日目からは体がしんどくなってきて5日目にはしんどさのピークを迎え、6日目からブレイクスルーが始まりました。

体はすっきりと疲れにくく、羽毛のように軽々と動けるようになりました。神経が鋭くなり、見慣れた通勤風景の灯りが、宝石箱をひっくり返したかのように美しく、すべてが新鮮に見え始めました。

これは、その夜に撮った写メです。
  ↓
伝わるかなあ。。。。^^

091118_1735~01.jpg     091118_1738~01.jpg     


同時に、今まで平気だった排気ガスがたまらなくなりました。マスク必帯です。そして、精神的に安定してきて、とても前向きになってきました。今までなかなかやる気にならなかったような仕事も、手をつけることができ始め、なんだか人生が変わりかけたことにわくわくしました。

しかし、7日目は失敗しました。甘酒もご飯も美味しくて美味しくて、他の食べ物の誘惑は本当に感じなかったのですが、今度は7号食を過食してしまったのです。なんにでも依存してしまうので、「食べ放題」だと聞くと、ついつい気を緩めてしまうのでしょう。頭と体と心がバラバラで、上手く連携していないという自分の問題点がまともに表われ出たのですね。ここから、体の声を聞いて、心で感じて、そして最適な食べ方を頭で判断する、という必死のレッスンが始まりました。

いくら食べ放題のだと言われても、それを鵜呑みにしないで、自分に合うようにアレンジする必要があるのは当たり前のことです。8日目と9日目は、バランスを取り戻すのに費やしました。
食べ過ぎると胸が焼けます。食べなさ過ぎると低血糖を起こしてしんどくなります。この両方の極端な状態を隔てる真ん中の最適なゾーンというものが思いのほか狭くて、なんとかこのぶれ幅を狭めようと、努力しました。やっぱり一度バランスを崩すと、なんでも回復するのに時間がかかるものなのでしょう。

ハート食べ過ぎたなと思ったら、歩く。しんどくても休まずに運動する。でも、それが食べ過ぎのしんどさなのか本当に休まなければならないしんどさか、よく体に聞いて判断する。

クラブ食べ過ぎるとすぐ胸が焼けてしんどいので夕食を軽くしたら、寝る前には今度はお腹が空いて動けないから軽く食べる。

ダイヤでも寝る前に食べるともっと翌日にしんどくなるので、やっぱり夕食は少ししっかり目に食べる。

そのようにして、体の声を聞きながら食事を調整しました。これは、本当に貴重なレッスンになったと思います。そもそもこれができなかったからこそ、わたしの身心は悪循環から抜けられなかったのでしょうから。。。

10日目になると、もうだいぶ慣れました。食事量も食べ方も落ち着いて、胸焼けも起きなければ低血糖も起きないように、上手に食べられるようになりました手(チョキ)



体の変化もお知らせします。
体重計がなくて計れなかったのは失敗でした。でも、

1頬がシェイプアップされて目が大きくなったと言われました。

2お腹も引っ込みました(これは、7号食の間に義務付けられている、1日40分のウォーキングを始めてから顕著でした。)

3いつも二日目には大変苦しむ生理痛が、全然起きませんでした。経血も普段の半分以下で、あまりの軽さに驚きました。

424時間365日、物心ついた時から止んだことのなかったしつこい全身の接触性じんましんも、きれいに出なくなりました。

5寝起きが良く、朝から体がよく動くようになりました。

6神経の過敏さが抑えられて落ち着いてきています。よく、考えがまとまらなくて頭が真っ白になっていましたが、それも解消されてきて、物事の段取りをつけられるようになってきました。

7肌が綺麗になりました。これは8日目の朝に感じました。甘酒や雑穀は肌を綺麗にすると聞いていましたが、
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)肌が内側から光リ始めたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

のです。洗顔後「あらっ揺れるハート」と、思いました。

するとこれがやっぱり嬉しいわけで揺れるハート、モチベーションが上がったりするわけで揺れるハート、人生もそりゃ変わるかな揺れるハート、という感じです。やっぱり女ですねえ〜ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔) 単純なものですぴかぴか(新しい)


睡眠時間を確保できないのが、やっぱり最期まで問題でしたふらふら
「7号食中は普段よりも睡眠不足が堪えるな」と感じました。ちょっと無理するとすぐに外観がやつれてしまうのですもうやだ〜(悲しい顔)
眠らなければなりません。はい。
これは、今後の大きな課題ですパンチ


最後に。。。

7号食は、終了していきなり昔の食事に戻してはいけません。
実行している期間よりもむしろ、戻す時の方が大事なのだそうです。
しかし、ちょうど十日間の後に合宿があり、なにがありかにがありと、回復期が本当に難しかったですね。
7号から6号、6号から5号へと戻さなければならない。つまり、7号食に最初は昆布だしの味噌汁の汁のみをつける。次の段階ではおかずを一品だけつける。その次におかずを二品に増やす。しかし、おかずの量はご飯(やはり、玄米と雑穀ブレンドです)の量を超えない。と、こういう順で戻していくのがベストです。

今回はできる限り基本を守って、おかずを食べ始める時も一口ずつ、と慎重に戻したので、急ぎ足で戻してもお腹を壊さずには済みました手(チョキ)


さて、とりあえずこんな感じで終了しました。

これから、昔と同じ食事に戻すのではなく、どんな食事で普段の生活を送っていくかを、もう少し勉強して決めようと思います。

玄米雑穀は噛み締めていると中の軟らかいところがすべて唾液に溶けて先になくなり、100回も噛んでいると外側の表皮ばかりが口の中に残ります。これを更に噛み締めていると、穀物の脂分がしみ出してきてそれはそれは甘いのです。あんまり美味しいので他の食べ物に誘惑を感じません。体が喜んでいるから余計に美味しく感じるのかもしれませんね。

この玄米雑穀ご飯には、薄い塩味のごま塩をかけて食べるのが鉄則だそうです。塩味を効かしてしまうと、美味しすぎていくらでも食べたくなるので、最近わたしは極力ごま塩の塩分を抑えるようにしています。すると、過食せずに済むのです。^^

あと、そうですね。
ぴかぴか(新しい)砂糖の消費量が激減しましたぴかぴか(新しい)
今までコーヒーだの紅茶だのと、かなり使っていたんだなと思いました。もう二週間砂糖抜き(おかずからも加工品からも)の生活をしていますが、スウィーツへの誘惑は全く感じません。富田哲秀先生お勧めの酵母菌と制癌物質豊富な玄米甘酒が美味しいので満ち足りているのです。濃くして飲めばかなりの甘さになりますから、全く他の甘みに欲を感じないのですね。嬉しいことです。本当に、この甘酒はお勧めです。ノンアルコールですから安心してお召し上がれます

つらつらと書きました。まとまりなくて済みません。
これにて幕と致します。^^

ありがとうございました。



最後の最後にもう一点、

12月6日に、神戸元町にて、富田哲秀先生の7号食についてのセミナーがあります。これは、7号食を実行したい人のためのセミナーでもあり、他の方に7号食を指導したい人のためのセミナーでもあります。
13時から17時まで、参加費3000円。

さくらみるくも参加を検討して、予定を調整中です。
ひらめきどなたか、ご一緒しませんか?

「わたしも、教えて」という方も、お気軽にどうぞハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)







ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
できる限りお答えさせていただきます。



☆在宅でひとりで取り組める、待望のアダルトチルドレン回復のためのワークができました!AC治療第一人者、西尾和美先生の製作です。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
[参考] こちらもあわせてお読みください。^^
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット』を、買わないほうが良いかもしれない場合について。
 http://sakuramiruku.seesaa.net/article/129005694.html



桜 実花のプロフィール 
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは 
http://sakuramiruku.seesaa.net/?1236498535


☆いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

☆続きを読まれるには、こちら↓が便利です。^^☆


☆お気に召しましたら、応援クリック↓よろしくお願いします。^^☆
人気ブログランキングへ


☆☆☆☆☆あなたの応援が力です。よろしくお願いいたします。☆☆☆☆☆

この記事へのコメント
日記、拝見させて頂きました♪最近玄米混ぜて食べるようになって体重が運動すると落ちやすくなっています(^_^)

さくらみるくさんにお聞きしたい事結構あるんですが、まずは出来るようになったらお願いしてやってみようと決めております♪
友にも話したらそういうダイエット系には全く興味ない子(彼女は痩せすぎで必要なさげ&仕事関係で7号食は出来ないですが) もマクロビオティックはオススメ〜(o^∀^o)って言ってました♪

富田先生のセミナ-、みるくさんが関東の方でしたらご一緒したかったです(T_T)残念…。
Posted by ●○yumi●○ at 2009年11月26日 08:58
●○yumi●○さん。

おお、既に効果を実感しておられるのですね。素晴らしいです。

ご友人にも、マクロビオティックに理解を示しておられる方がいらっしゃるのですね。奥が深いですからね〜。。。 わたしもとてもじゃありませんが極め切れないと感じます。

ぼちぼちと参りますね。
ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by さくらみるく at 2009年11月26日 09:01
りりさん。

自分で試してみて、より一層確信を持ってお勧めできるようになりました。

あともうひとつ、思いついたのですが
くるぶしやかかとの角質が、完全にはなくなりませんが、ずいぶんましになっているのです。これは腸の状態が悪いとひどくなると聞いたことがあるので、これは恐らく7号食で腸の状態が改善されたことに関係があるのではないかと。。。^^

セミナーでご一緒できたらうれしいです。
メッセージ、お待ちしていますね。^^

ありがとうございました。
Posted by さくらみるく at 2009年11月26日 09:04
> さくらみるくさん

多分、土曜日に上司と会うので聞いてみますね

休めたらいいけど

お会い出来たら新しい一歩だと思います


7号食は自分で試してみて、効果を実感できたらお父さんにもやってみてもらいたいと思います

コレステロールとか気になるので

あと、お父さんの知り合いの末期がんの人にも教えて差し上げようと思ってます
Posted by りり at 2009年11月27日 22:23
りりさんを通して、たくさんの方々に癒しが広がるといいですね。

わたしも、癒されたいという強い思いを持たれて成果報告を待っておられる方々のご存在があればこそ、こうして7号食に突き進めました。
自分の事だけを考えていた時は、こんな力は出なかったと思うのです。
皆さんが、わたしを生かしてくださる。
感謝です。
ありがとうございます。

りりさんにも、同じ力が湧きますように。。。

まずは、りりさんご自身からですね。^^
楽しみですね。^^

よろしくお願いいたします。
Posted by さくらみるく at 2009年11月27日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133851433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック