ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2010年04月26日

うつ、パニックに、東洋医学でアプローチする。


現代社会の10人に1人、いやどうかすると3人が何らかの精神症状を持っているといわれる時代です。
うつパニック不安神経症適応障害統合失調症などに苦しまれる方は多く
精神科、神経科、心療内科でも、決定的な治療法はいまだ見つかっていません。
以前もメルマガで書きましたが、どうしても服薬中心で症状を押さえ込む対症療法になってしまい
その結果、副作用や薬への依存という新しい問題が生まれることも珍しくありません。
薬ももちろん必要ですが、服薬だけでどうにかなるような問題ではないと思うのは、わたしだけでしょうか。

東洋医学は、数千年の歴史を持ち「気と肉体」という二つの観点から
人の健康と生命について理論を作り上げてきた学問です。
西洋医学が行き詰まりを見せている現代に、新しい豊かな可能性を開いてくれるものだと思われます。

今日は、素敵なメルマガをご紹介します。

鍼灸マッサージ師でおられる「イエラ鍼灸治療室」の西尾憲一さんが発刊しておられます。
鬱病・パニック障害を東洋医学で治す
 http://www.elnet.jpn.org/hari/mag00.htm


人の体は、精密機械のように各器官が見事な連携によって成り立たせています。
しかし、総合病院など行くと、入り口で各パーツに切り分けられ
それぞれの診療科で診察、処置を受け、それぞれの科の薬を受け取り
またひとつの体に縫い合わせて出す、というような診療方法が当たり前になっている。
そのことにわたしは、強い違和感を覚えていました。

わたしの体は、切り離しようがないほど互いに連携しているのに
病院に行くと、部品を診るように診察され、各課でばらばらに薬が出る。

誰か、わたしの体を、心も含めて、丸ごとひとつの存在、ひとつの命として
扱ってくださらないのだろうか。
そのように、診てくださらないのだろうか。
ひとつの不具合が出れば、それは必ず連携したどこか他の場所にも関係しているはず。
そして、薬で抑えるのも必要ならば拒むつもりはないのだけれど
それよりも、どうしてこのような不具合が起きたのかを、そもそも教えて頂きたい。
食の、生活の、また心の、どこが悪かったのかを知り、改善しなければ
いくら芽を摘んでも、根が変わらない限り、いくらでもまた不具合は出てくるはずなのに
誰もそれを教えてくれない。
そんな違和感を、ずっと持っていました。

うつの薬を一生飲まなければならないと言われた時も、同じ違和感を感じました。
そして、心理療法やカウンセリングを学び、体験する方向にわたしは進みましたが
そうすると今度は、体をほったらかしにしてカウンセリングすることの不完全さが感じられるようになり
心の不調に体からアプローチできることがあるはずだ。と思い始めました。
マクロビオティックや自然療法に興味をもって学び始めたもともとの始まりはそこにあるのです。

自分自身の癒やしや回復のために、できることはなんでもしたかったし
自分を実験台にして効果があったことであるならば、何でも広くシェアして、
同じ苦しみの中におられる方々にお知らせしたいと心から願い、
ただ相談を受けるだけに留まらない
体や生活のことまでアドバイスできるカウンセラーでありたいと願いながら
アンテナを張り巡らして情報を求め、学びを重ねていました。


そんな時に、たまたま出会ったメルマガ『鬱病・パニック障害を東洋医学で治す』を読んで
大変心を打たれました。
さくらみるくが求め続けていた知恵と方法がここにあると感じました。
心の辛さ、苦しみに、ただ頭や心理から切り込むだけではどうしても限界がある。
それを後押しする体の方からの後押し、食や生活を整えるということが必要であると感じてきましたが
それとはまた違った分野である東洋医学鍼灸、気、体の仕組みを深く理解されている専門家の方のご意見は
どれほど頼りになることかと、読みながら興奮を抑えられませんでした。

ブログでの紹介記事を掲載するお願いを差し上げたところ、こんなあたたかいお返事が届きました。


さくらみるくさん こんにちは。 イエラ鍼灸治療室 西尾憲一 と申します。
はじめまして。 メルマガを読んでいただいたとのこと、そしてご感想ありがとうご
ざいました。
あなたのメルマガも登録しましたので次号から読ませていただきます。
皆さんにご紹介いただけるとのこと、よろしくお願いします。

こちらに治療に来られる方々も、ほとんどが幼少期の環境、とくに親に何らかの問題
がある環境で育った方ですね。 このごろではしばしばニュースになるほど虐待が多
くて、子供たちにとっては本当に不安な世の中になってしまいました。

 あなたのようにその苦悩を乗り越えてカウンセリングをしておられる方がいるのは、
同じような苦悩の方々にはとても心強いと思います。
 私はそういう体験がないので、本当のところはわからないことが多いのです。
 ぜひがんばっていきましょう。

ご不明なところなどありましたらまたメールしてください。

◆   はり・きゅう ボディワーク イエラ鍼灸治療室
◆ 〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-9-2
◆ 電話  03-3338-6711 
  WebSite: http://www.elnet.jpn.org/hari/
   Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp


鬱病・パニック障害を東洋医学で治す
バックナンバーは以下のページからご覧になれます。
http://archive.mag2.com/0000207878/index.html

最新の /04/24 第180号 「気持ちと行動」では、アダルトチルドレンについての記事が
その前の記事ではパニック障害についての記事があり
その前でも、その前でも、興味深くためになる記事が満載です。

ぜひ、ご登録ください。必ずお役に立つと思います。

そして、「メルマガに書いてあった方法を試したら、こんないいことがあったよ!」と思われたら
ぜひ、お声をお寄せくださいませ。
わたしも一緒に勉強したいと願っておりますので、よろしくお願い致します。

こんな情報が欲しい、こんな人に会いたい。
そう思い続けると必ず叶うと言います。引寄せられるのだと言います。

時間はかかりましたが、本当に叶ったなあと、
今、しみじみと感動しています。

叶うまでは時間がかかり、「本当に叶うのかなあ」と疑ったこともしばしば。
でも、実際に叶ってみると、今で良かったという最適のタイミングで
出会えていることがわかります。

人生におけるどのできごとも、みんな
遅くもなければ早くもなく、その時でなければならないという
最高のタイミングでちゃんと起こっている。
必要な人との必要な出会いも、そうなのですね。

これを読んでくださってるあなたと、さくらみるくのメルマガとの出会いも
絶妙のタイミングであったのだと思います。
そして、あなたとイエラさんのメルマガとの出会いもまた
最高のタイミングであるのだと思います。
その、素敵な出会いを取り持てることを、心から嬉しく思います。

あなたのご健康とお幸せを、心から祈りつつ。






ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
sakuramiluku@yahoo.co.jp
できる限りお答えさせていただきます。


☆いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

☆続きを読まれるには、こちら↓が便利です。^^☆


    ☆お気に召しましたら、応援クリック↓よろしくお願いします。☆
☆ただ今ブログランキングメンタルヘルス部門 421位。あなたの応援が力です!☆


人気ブログランキングへ


∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..∵☆..*∵☆∵☆..*∵

☆☆2010年4月1日より、カウンセリング事務所「オフィスSAKURA」として開業いたしました。☆☆
              詳しくはこちら
      http://sakuramiruku.seesaa.net/article/145169790.html

さくらみるくのプロフィール☆ 
  http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115283843.html
アダルトチルドレンとは☆ 
  http://sakuramiruku.seesaa.net/article/115326796.html

【メルマガ】  
☆ぜひご登録ください。もうすぐ登録者200名です。相互紹介受付中☆
『生まれてきてくれて ありがとう 〜心痛むあなたへ〜』
 http://www.mag2.com/m/0001067020.html
バックナンバーは、こちらからご覧になれます。
 http://archive.mag2.com/0001067020/index.html

【Blog 】
☆音楽と花吹雪のサクラスイッチでおもてなししております。☆
 自分で言うのもなんですが、癒やされます。夢見心地になります。
 自分でも大好きな、力の入るブログです。
 「さくらみるく通信〜アダルトチルドレンから回復するために〜」
  http://sakuramiruku.seesaa.net/

☆こちらも綺麗に仕上がっています。さくらみるくのアバター付き。☆
 「生まれてきてくれて ありがとう 〜心痛むあなたへ〜」
  http://ameblo.jp/ac-sakuramilk/
 
【mixi】 
☆マイミク募集中です☆
  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3249250

☆ミクシィコミュニティの副管理人をしています。☆
 「回復しつつあるACさん。」
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=3626878
 「承認しつつあるACさん。」
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=4694701

【Twitter】   
☆良かったらフォローお願いします。^^☆
 ツイートURL: http://twitter.com/sakuramiruku
 ニックネーム:sakuramiruku


∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆..∵☆..*∵☆∵☆..*∵

この記事へのコメント
早速登録しました(^^)
素敵なメルマガをご紹介いただき、ありがとうございました。
Posted by 秋さくら(ぶん) at 2010年04月27日 11:50
さくらみるくさん、こんにちは♪

僕も29歳のとき、2週間断食寮に行きました。
断食後の身体とこころの開放感は今でも忘れられません。

また、機会があれば断食寮に行きたいです。
Posted by たむたむ at 2010年04月27日 11:51
メルマガ登録しました。

さくらみるくさんのと同様 今後の配信が楽しみです。

いつも素晴らしい情報をありがとうございます。
Posted by なおみ at 2010年04月27日 11:51
ぶんさん。たむたむさん。なおみさん。

コメントくださり、ありがとうございました。
皆さまのご健康とお幸せを、心からお祈りしております。

たむたむさん。
さくらみるくのブログの「心の癒しに体からできるアプローチ」カテゴリ
http://sakuramiruku.seesaa.net/category/6245288-1.html
をご覧ください。そちらに食や生活の注意と共にまとめております。

ありがとうございました。
Posted by さくらみるく at 2010年04月27日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック