ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2014年09月11日

グーミンからの脱出

かつて、ある起業家さんが
「いつ大災害ですべてを失っても平気だ。
 自分はすべてのノウハウを知っているから
 何度ゼロに戻っても、やり直せる。
 何度すべてを失おうが、何の問題もない」と
言われているのを聞いた時

そのノウハウが欲しいと思いました。

桁外れの天災ですべてを失った人たちにも
希望や可能性を与えられるような、そんな雇用を
自分が生み出せるものなら、
その、生み出す智慧と力が欲しいと、真剣に願ったことがありました。


でもその後、本当に大切なのはそのことなのか、と思うようになりました。

もっと大切なのは、
ひとりひとりがみな、自分の本当の可能性に目覚めて
いきいきと自分らしさ、自分の良さを発揮できることではないか。
臆することなく自分の良さを信じて
ひとりひとりがそれを、力強く大胆に表し出して行くことが
できるようになることではないのか。

そう、思うようになったのです。



現役のドクターでありながら、「医学不要論」「この世界の秘密」など
多数の本の著者でもある内海 聡 先生は、この現状に警鐘を鳴らされ
グーミンからの脱出」ということを言われます。

つまり国が統治のために行っている愚民化政策に陥り
自分自身がいつの間にか当たり前のように愚民化されていること。
自分ですらも、自分を当たり前のように愚民として感じ、考え
扱ってしまっていることに気付きなさい。
気付いて、本来のあなたの力と権利を取り戻しなさい、と言われているのです。

国が行っているのと同じ愚民化は、実は自分自身の中でも家庭内でも起きている。
自分の一部を、要らない、殺したいと否定して目を背け、
一切の影をそこに負わせてきれいな光の部分だけで生きようとする。
その闇を、家族の中で、社会の中で、国の中で
同じようにスケープゴートのように一部の相手、人たちに負わせることで
自分は無傷で生きようとする。

誰かをだめな人間だと見ることで、自分はそうではないという立場を取る。
そうして、相手の自信を奪い取るような態度で自分が優位に立ちたがったり
相手をコントロールしようと思う。

悪意がなくても、善意であってすらもこうしたことは起きてしまいがちです。
よほど気をつけていないと、見極めをつけられないまま
自分も愚民化されてしまうし、相手をも愚民化してしまう。
愚民化で成り立っている社会の構造は
そのまま、わたしたちの家族の中にも存在する構図であり
自分自身の心の中に展開している構図でもあるのです。

アダルトチルドレン問題も、そんな構図の中で生まれたまぼろしのひとつであり
自分で、ああ夢だったのだと気付いて覚めて、離れれば
たちまち霧散してしまうものに過ぎない
のです。

そして、自分の思い込みの夢から醒めることができるのなら
社会の構造すらも変えていくことができる。
逆に言えば、自分の構造を変えることからしか
本当の社会の変革は、始まらない
のですね。




9月14日(日) 大阪で、田中信二先生と内海聡先生のコラボ講演会【グーミンからの脱出!】と
ブレインアップデート体験会(15日)が開催されます。

14日は、わたしもスタッフとして参加します。
ぜひ、お越しください。
人生が変わる、素晴らしい体験をされることでしょう。

あなたとお会いできることを、楽しみにしております。

http://sakuramiruku.seesaa.net/article/401914049.html





いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

これからも、応援よろしくお願いいたします。^^


あなたのおしあわせを、心からお祈りしています。




ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
sakuramilky.happy@gmail.com
できる限りお答えさせていただきます。




∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵


☆カウンセリング オフィスSAKURA ☆
あなたの生き辛さを幸せに変え、夢を叶えるサポーター 桜 美穂


☆ホームページ
「生まれてきてくれてありがとう〜心痛むあなたへ〜」
 http://sakuramilk.main.jp/

☆facebook ファンページ
http://www.facebook.com/thankyousakuramilk
あなたのイイネ!をお待ちしています。^^
 

☆メルマガ「生まれてきてくれて ありがとう 〜心痛むあなたへ〜」

登録はこちらから
  http://www.mag2.com/m/0001067020.html
携帯でのご登録は、こちらまで空メールを送ってください。
 a0001067020@mobile.mag2.com



∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵
posted by 桜 美穂 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの告知、感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック