ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2016年08月21日

ひふみ祝詞

昔は、カラオケが大好きで
よく訪れては、熱唱しておりました。
 
自転車通勤でも、人気のない道を走る時は
いつもいつも、歌っておりました。
 
家で掃除機をかけるときも
ダイソンの大音量に紛れて、いつも歌っておりましたが。。。。
 
さいきん、歌謡曲を、まったく歌うことがなくなりました。
 
歌謡曲の歌詞や旋律に
まったく興味が無くなってしまったのです。
 
おやおや、あらあら、どうしたのでしょう?
あんなに歌が好きだったのに。
 
いや、歌は今でも大好きなのです。
ただ、歌謡曲のメロディーを、あまりにも作為的だと感じるようになり
歌おうとすると
心の奥底が「違う」と、拒否し始めたのです。
 
「それは、にせものだ
 ほんとうの自分の歌いたい旋律ではない」と
心の奥底が、きっぱりと拒否するのです。
 
おやおやあらあら、どうしたのでしょう?
 
それでもやっぱり、歌いたいという気持ちはあって
先日、自分の心のままに、声を出してみたら
ひふみよいむなやこと
ひとふたみ よいつむななや ここのたり
ももちよろず
 
なんと、口から流れ出てきたのは
ひふみ祝詞(のりと)の言葉。
それが、歌になって出てきました。
 
 
何年か前に、深夜黙想をしていて、
完全な静寂に満ちた窓の外から、信じられないほど
きれいな音色が聞こえてきたことがありました。
 
「聞こえた」と書きましたが、肉の耳で聞いたのではありません。
心の耳で聞いたのです。
 
その旋律は、信じられないくらいにあまりにきれいで、
私は小さな声で、その旋律を追いかけて
歌ってみたくなりました。
でも、実際に声を出してしまったら、その音でかき消されて
聞こえなくなってしまうくらいにその音はかすかで、
私は歌いたいのを我慢して、じっと聞いていたのです。
 
後で、師匠にそのお話をしたところ
「それは、存在(being)の音色だね」と
師は言われました。
 
 
その後、日本古来の祝詞や、
昔、イザナギイザナミが国を整えるために歌って歩いたと言われる
「あわのうた」などを歌っておられる人たちのお声が
その時聞いた音色に、かなり近いように感じていましたが
 
今、自分の口から自然に発せられる
ほとんど抑揚のないシンプルなメロディーもまた
かつて深夜に聞いたメロディーに、とても近い。
これは、地球の音、自然の音なのかもしれないと感じられてきます。
 
 
で、このメロディーならば、歌っても何の違和感もない。
歌えば歌うほど、自分の身体が楽器のように共鳴して
どんどん声が出てくる。気持ちがいい。
 
気持がいいことは、やるべきだと思うので
最近は、日がな一日、この歌ばかりを歌っております。(笑)
 
ひふみ祝詞には、心身のデトックスを促進する強烈な効果があるとのこと。
歌いながら、自分自身も浄化され
周囲も、世界もきっと浄化されている。
現代も過去も未来も、カルマもすべて浄化されている。
そんな気がするのは、私だけでしょうか?
わかりませんが、人間音叉になっていたらいいのにな〜と思います。♡♡♡
   
 
歌いに歌っております。
小鳥のように、ずっと歌っております。
楽しいです(笑)
 
そのうち、音声を公開いたします。♡♡♡
 
うわー大胆ー(笑)
ジャイアンよりは、ましだろう〜(笑) 
 
  
あなたのおしあわせを
心から心から、お祈りしております。♡♡♡
 


いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

これからも、応援よろしくお願いいたします。^^


あなたのおしあわせを、心からお祈りしています。




ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
sakuramilky.happy@gmail.com
できる限りお答えさせていただきます。





∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵


桜 美穂
☆カウンセリング オフィスSAKURA 代表 専属カウンセラー
☆イネイト活性療法士 五行音叉セラピスト
☆国際ブレインアップデート協会 セラピスト/トレーナー


☆ホームページ
「生まれてきてくれてありがとう〜心痛むあなたへ〜」
 http://sakuramilk.main.jp/

☆facebook ファンページ
http://www.facebook.com/thankyousakuramilk
あなたのイイネ!をお待ちしています。^^
 

☆メルマガ「生まれてきてくれて ありがとう 〜心痛むあなたへ〜」

登録はこちらから
  http://www.mag2.com/m/0001067020.html
携帯でのご登録は、こちらまで空メールを送ってください。
 a0001067020@mobile.mag2.com



∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵
posted by 桜 美穂 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック