ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2017年04月06日

すべての人が知るべき、いちばんたいせつなこと

自分の不完全さが見えるのは
ほんとうは、自分が完成された存在であるから。
 
もし、ほんとうに自分が不完全であったなら
不完全な自分が不完全な自分を見て
どうして、不完全であるとわかるのか。
 
もし、ほんとうに自分が不完全であったなら
不完全な自分が不完全な自分を見て、当たり前だと思い
それを、苦しいとも思わないし
改善したいとも、思うはずがない。
 

誰もが、完成された存在なのです。
ほんとうは、何ひとつ欠けるところのない、
完全な円相を内に持っている。

たとえ、表面の表れが
どのような不完全さを現しだしていようとも関係ない。

本質においては、どの方もどの方も、私もあなたも間違いなく
満月のように完全に完成された、完璧な存在であるのですね。
 
 
無いものを、身につけようとか
自分ではない、完成された他のなにものかになろうとか
そんな努力は実ることがない。
 
自分は、貧しいものなのだとか、
なんとかしなければならない、ダメな存在なのだと
自分で思いこんで

そのような自分を創造しながら変えようとしても
一歩進んで二歩下がるくり返しで
前に進めるわけがない。
 
ほんとうは完成されている、自分の本質に出会うこと。
ほんとうの自分に戻ること。

大切なのは、ただそれだけのこと。
  

セラピーもカウンセリングも効果を引き出す力あるものですが
はさみも使いようで切れたり、まったく切れなかったりすることがあるように
この原則を知って行うのと、
知らずに行うのとでは、雲泥の差があるのです。
 
自分の中に、完成された存在があると知ってくれているセラピスト、
カウンセラーにお世話になれば、それが引き出されます。
 
しかし、クライアントの中にも、自分の中にも
そんな本質があると知らないカウンセラー、セラピストには、それができない。
自分でも知らないところに、どうして他人を連れていけるでしょうか。
 

その人を一時的に楽にしてみたり
幾つかの縛りを解いてみたり、
問題を解決してみたりと、いろんなことをしてみても
その人が、不完全な人であるから、不完全なことが起きるのだと言う
その人の思い込みに同意して、対することは
その人の思い込みをますます強化することであり
一時的に良い気分にさせながら、
ますます深い混迷の中にその人を閉じ込めて、外からドアにくぎを打つに等しい。
 
だから、どこまで行ってもその人の本当の完成された存在が出てこれない。
いくら癒しを求めてさまよって、本当の自分に出会えない、癒されない。
そんなことを、ほんとうに数多く見ます。
 
 
方法以前に、大切なことがあるのです。
 
 
「実相円満完全」
これこそ、すべての人が知るべき真実。
 
 
写経、でもないのですが。(*^_^*)
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/445076416.html
 
書いていると 
一文字一文字が心にしみわたります。



いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

これからも、応援よろしくお願いいたします。^^


あなたのおしあわせを、心からお祈りしています。




ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
sakuramilky.happy@gmail.com
できる限りお答えさせていただきます。





∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵


桜 美穂
☆カウンセリング オフィスSAKURA 代表 専属カウンセラー
☆イネイト活性療法士 五行音叉セラピスト
☆国際ブレインアップデート協会 セラピスト/トレーナー


☆ホームページ
 http://sakuramilk.main.jp/

☆facebook 
https://www.facebook.com/sakuramilk.happy
http://www.facebook.com/thankyousakuramilk
 

☆無料メルマガ
  http://www.mag2.com/m/0001067020.html
携帯でのご登録は、こちらまで空メールを送ってください。
 a0001067020@mobile.mag2.com



∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵

posted by 桜 美穂 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448778964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック