ブログ右側の「スイッチ」をクリックしてください。 音声が流れ、素敵なことが起こります。。。。 ページを移動される時は、右上のcloseのボタンでスイッチを切ってくださいね。^^

2017年03月23日

自他一体のうれしさ

帰り道で、わき道から飛び出してきた自転車にぶつけられて、
ちょっとケガをしました。
たいしたことはありません。

反射的に「だいじょうぶ?!」と訊きましたが、
相手の若い男の子も、大したケガではなかったようで
「ごめんなさい」の一点張りで、
あっという間に走り去ってしまいました。
恥ずかしかったのでしょう(笑)
 
どうして私は腹が立たないんだろう。
私もけがをしたのに、
どうして反射的に相手を気遣ったのだろう。
そんなできた人間でもないのに、と、あんまり不思議で
首をかしげて考えました。
 
で、思いました。

右手と左手がぶつかっても、右手と左手はけんかしないし、
怒ることも無い。それと同じなのです。
 
 
先日も、交差点を渡ろうとしたら車が曲がってきたので、
当然のように自転車を停めて車を待ったら、
その車の運転手さんも停車して私を待ってくださったので、
会釈をして先に渡らせて頂きました。
 
どうして私は、なんの抵抗も無く止まったんだろう。
昔は、突っ込んでくる車ばっかり、自分勝手な運転手ばかりだと
よくいらいらしていたのに、
今はどうして腹が立たないんだろうと、
これまたあまりに不思議で
首をかしげて考えていました。
 
で、気付きました。
右手が何かをしようとしていたら、左手は補佐に回るのが当然。
右手が何かをしようとしているのに、
左手が自分にさせろとか、自分を先にしろと怒っているところなんか、
見たことがありませんよね。
 
 
自分と相手、という二元性ではなくて、
自他同一のひとつながりの存在を生きているなら、

相手が道を渡ろうとしているから
自分が止まるというのは当たり前のこと。
歩くために右足が出れば、
左足は地面を支えるのと同じくらい当たり前。

それは勝ち負けではなくて、
ひとつの意図を成し遂げるための
当たり前の調和の形なんですね。 
 

そして、そんな気持ちで当たり前に道を譲っていると
、波動が相手の方にも通じるのでしょうか。

出会う運転手さん出会う運転手さんどの方も、
必要ないくらいに優しく丁寧に、
わざわざ止まられて道を譲ってくださるようになってくるのです。
 
 
二元性から一元性へ、感じ方や考え方を変えよう変えようと、
ここ数年努力してきました。
どう考えても、ひとつながりの一元性の方に
真理があると思われて来たからです。
 
その努力も、ようやく身に付いて来て、
こうして自然と体が動くところまで来てくれました。
嬉しい。嬉しい。嬉しいな。♡♡♡

 
今までなにを、とげとげいらいらしてたんだろう。
嘘みたいだ。(笑)
 
自分も他人も無い。みなひとつながりの命なのです。
ひとりひとりが個性的で、みんな違ってみんないいんだけど
みんなが分御霊で、同じ命を分け合っている兄弟姉妹。
再びひとつにまとめれば、
また、同じひとつの大きな大きな命に帰る。
私たち人はみな、そんな存在なのですね。
 
嬉しいです。
あたたかいなと、思います。
もはや、昔、自分が何を寂しがっていたのか思い出せないくらい
豊かな豊かん世界が、広がっているのがわかる。
 

今日も素敵な一日でした。
明日は、もっと素敵な一日になります。
あなたの明日も、素敵な素敵な一日になりますように。



いつも読みにきてくださってありがとうございます。☆

これからも、応援よろしくお願いいたします。^^


あなたのおしあわせを、心からお祈りしています。




ブログ記事の中でわからないところや質問、ご相談がありましたら、お気軽にメールをくださいませ。
sakuramilky.happy@gmail.com
できる限りお答えさせていただきます。





∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵


桜 美穂
☆カウンセリング オフィスSAKURA 代表 専属カウンセラー
☆イネイト活性療法士 五行音叉セラピスト
☆国際ブレインアップデート協会 セラピスト/トレーナー


☆ホームページ
「生まれてきてくれてありがとう〜心痛むあなたへ〜」
 http://sakuramilk.main.jp/

☆facebook ファンページ
http://www.facebook.com/thankyousakuramilk
あなたのイイネ!をお待ちしています。^^
 

☆メルマガ「生まれてきてくれて ありがとう 〜心痛むあなたへ〜」

登録はこちらから
  http://www.mag2.com/m/0001067020.html
携帯でのご登録は、こちらまで空メールを送ってください。
 a0001067020@mobile.mag2.com



∵☆..*∵☆∵☆..*∵☆..* ∵☆..*∵☆*∵☆..*∵☆..*☆.. ∵☆..*∵☆∵☆..*∵

posted by 桜 美穂 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする